琉球畳・縁なし畳のオーダー製品やユニット畳・和紙畳など当店オリジナル置き畳の全国対応通販専門店です。
琉球畳&置き畳オーダーShop
HOMEへ置き畳Before・After最新!お客様の声送料・お支払い方法Q&A〜よくあるご質問お問い合わせ

琉球畳&置き畳オーダーShop>市松敷きとは!?(敷き方)

市松敷きとは!?(敷き方)


市松敷きとは、一色の畳を交互に置いた敷き方のことです

よく雑誌やテレビなどで見かける縁なし畳・琉球畳は、下の画像のように濃い色と薄い色の畳が交互になっているものがほとんどだと思います。

市松敷き 市松敷き 市松敷き

上の画像のような置き方を『市松敷き』といいます。

実はこのような置き方は、一種類の色合いのみでできるんです!

よくお問い合わせで、
『目積(グリーン)と目積(イエロー)を交互に置いたら、ホームページの写真のような色合いになりますか?』や
『濃い色と薄い色の敷き方は、どの畳の色合いを並べたらあんな風になるんですか?』というようなご質問をたくさん頂きました。
それほど、
一種類の色合いなのに二種類あるかのように見えてしまいます。


なぜ畳を交互に置くだけで全く違う色合いに見えるの?

特に縁なし畳・琉球畳で使用する畳表の目積(めせき)は、通常の畳表と比べ目が細かく、一本一本い草又は和紙をよじって織ってありますので、目の方向が縦と横とで違うのです。
また、光の当たり具合や見る角度でも変化します。

このような織りの方向や光線を利用して、交互に敷くことによりきれいな市松模様ができあがります。

市松敷き・畳目の拡大画像 ←左の画像は、畳表のアップです。
このように隣り合う畳の畳目を交互に置くことにより市松敷きができます。
ただし、市松敷きは見る角度や光線などにより全く違ってみえますので、ご注意ください。



市松敷きのご注意点

畳を見る角度や光のあたり具合(光線)などによって見え方も違ってきますので、必ずしも上記画像のように置けばこのような濃淡に見えるわけではありません。
しかし、隣り合う畳目の方向を交互に置くことによって市松敷きにできるのでご安心ください。

縁なし畳・琉球畳のご購入をお考えの方やすでにご購入された方には市松敷きをおすすめ致します。
目で感じる美しさを是非皆様にも体感して頂きたく思っております。

また、『琉球畳を市松敷きにしたいけど、部屋に合わせてオーダーしたら畳が長方形になるから市松敷きにはできないんじゃないのかな〜』とお考えの方。
当店では、
長方形の畳でも市松敷き仕様にて製作できますので、一度当店までご相談ください。

※オーダー製品はご注文後、製作にはいりますので、長方形サイズの畳を市松敷きに敷く場合、製作の段階で市松敷きになるよう畳表をはりつける必要があります。市松敷き仕様の追加料金はかかりませんので、ご安心ください

※琉球畳・縁なし畳の和紙表・若草(グリーン)は織り方が特殊ですので、市松敷きにすることはできません。



今すぐに琉球畳オーダー製作のお申し込みはこちらから⇒無料見積もりフォームへ





琉球畳&置き畳オーダーShop HOMEへ


Copyright(c) okitatami-shop.com. 2006 All rights reserved.
No reproduction or republication Without Written permission